注意点

過剰摂取に注意

水素水は本来なら、2リットル飲むことが必要です。
しかし、誰でも2リットル飲んでよいわけではありません。
なぜなら、運動を行う以外は水分を必要としていないからです。
水分を必要としていない時は、水素水を無理に飲む必要は無いのです。
水素水は、確かに体に良いのですが、飲み過ぎてしまうと体の中の細胞が膨れてしまう水毒病に陥る可能性があります。
水毒症になってしまうと、体の外に排出されることが無くなってしまいます。
ですから、水素水を過剰に摂取しないようにしましょう。

体質に合わせて

水素水で健康法を行なうのは良いことです。
しかし、胃腸が弱い方や冷え性の方にとっては、飲み過ぎはよくいないものです。
水素水の過剰摂取が反対に免疫力を下げてしまう可能性があります。
なぜなら、腸を冷やしてしまうからです。
水素水は必ず運動して汗を沢山かいたという時に補給しましょう。
水分を補給しすぎた時に水素水を飲む際は、ものを噛むように噛みながら飲むようにすることが大切です。
また、自分の体調や体質を理解しましょう。
水素水は、どんなに体に良くても、それぞれの摂取する量は決められているのです。
特に赤ちゃんに飲ませる場合は、十分気をつける必要があります。赤ちゃんの体にも無害ですが、ミネラルを過剰に摂取することになる可能性があります。
ですから、赤ちゃんに与える場合は、自宅で作った水素水を飲ませるようにしましょう。そうすると赤ちゃんでも安心して飲ませることが出来ます。

ページのトップへ戻る